レディの腹部

継続して利用してお通じを習慣化!腸内環境を整える意味

ダイエットにチャレンジ

笑顔の女性

満腹になるまでの時間

意外にも楽に痩せるには脳の仕組みを理解し、脳に暴飲暴食以外のストレス解消法を伝達するだけでダイエットの成功率に繋がります。空腹や満腹感に繋がる食事制限ダイエットは、過食のスイッチが入ると挫折してしまいがちです。空腹も満腹も脳がコントロールしているため、食べ過ぎを防ぐための満腹の指令を脳に与えることで楽に痩せることに繋がります。食事を始めてから約20分経過すると満腹中枢が働くのが特徴で、この満腹中枢が働くためにはゆっくり食べるだけです。栄養バランスを考え、食材は大きめにカットし、一人前に小分けにしたり、噛む回数が多くなる固い食材や弾力ある食材を摂取します。例えば、白米よりも玄米は噛み応えがあり、食物繊維・ビタミンB1やダイエットによるイライラを鎮めるギャバなど、栄養価が豊富です。20分の間、ゆっくり食べる必要性のある食品を摂取しますが、栄養価が高い食品を意識することがポイントで、満腹感が直ぐに感じられ、楽に痩せる仕組みが脳を騙すだけで行えます。

体内の細胞が味方になる

ダイエットにチャレンジしたくとも、食事制限やウエイトトレーニングなどは継続できないのが実情として挙げられており、楽に痩せる体質へ改善させるダイエット法が人気を集めています。体内の細胞小器官のミトコンドリアには、代謝を高めてくれる働きが期待できます。1細胞あたり、少なくとも100個程度含まれており、エネルギーを生成して活性化させることによって1細胞あたり1000個程度にまで増え、代謝を自然に高めることが可能です。体内細胞であるため、年齢と共に減少しやすく、活性化には食事で増幅させることがポイントです。ダイエットの大敵となる糖質を控えますが、逆に脂質を増やすことで食のストレスを回避できます。人気はココナッツオイルや赤色素のコエンザイムQ10などです。体内で活躍する細胞を味方に付けるだけで、楽に痩せることに繋げることが可能となり、温浴などの熱による活性化もミトコンドリアは好みます。飲み物も水を温めるだけの白湯などは楽に取り入れることができ、体の内側と外側から温めて、楽痩せに繋げることもできるために人気を集めています。